に投稿 コメントを残す

結婚式

新郎様のお母様と御親族の方の黒留袖のお着付けをさせて頂きました。それぞれに素晴らしいお留袖でした。左から熨斗目に扇面の刺繍、平安絵巻紋様、友禅とそれぞれに異なった、いずれもおめでたい柄ばかりでした。

に投稿 コメントを残す

ご家族写真

ご家族でお写真を撮られる為にお着物をお召になりました。お母様は唐子文様の訪問着、お嬢様は見事なスワトウ刺繍の訪問着をお召しになりました。着物は、歳を重ねてもその時の着る人の美しさを引き出してくれるのだなと、思いました。

に投稿 コメントを残す

結婚式の参列 お友達同士

同級生の結婚式の参列にお友達同士で参列されました。薄紫色の総絞りのお振袖を、さらりと着こなされて大人の女性の美しさを感じました。

ご一緒に参列されたお友達は、お振袖は色鮮やかな水色の古典紋様、素晴らしい刺繍の帯を結ばせて頂きました。おふたり対称的な雰囲気で、お出かけになりました。

に投稿 コメントを残す

入園式の参列

n

雨の日の入園式、ご家族で参列、お祝いされました。雨コートを羽織る仕草がとても可愛らしくて、シャッターを押しました。付け下げは手描きの友禅でしょうか、とても美しいお着物でした。

 

に投稿 コメントを残す

卒業式の参列

お嬢様の卒業式の参列にお着物をお召しになりました。とても大きなお嬢様のおられるお母様とは思えないほどの若さと美しさと可愛らしさで、白地に清楚な花柄の訪問着、そして帯はなんと、川島織物(天保年間に創業された西陣織の老舗)をご着用になりました。お義母様のお着物だそうです。未だしつけ糸のかかった訪問着をお嫁さんがお召しになりました。着物は永遠の命を持っているのでしょうか?!古めかしさのかけらも感じませんでした。

に投稿 コメントを残す

ステージに立つ 

日本の伝統の楽器を演奏される為の装いです。スレンダーなお身体!!スモークグリーンにオレンジの洋花を染め抜いた訪問着に、同じオレンジの佐賀錦の帯で、ステージに立たれました。漆黒の御髪とともに。スポットライトの中、ひときわ美しかったことだろうと思いました。

に投稿 コメントを残す

お茶会

お茶会のためにお着物をお召しになられました。やさしいピンク地に四季の花々を散らした友禅の訪問着に、抽象化された花々をモダンにあしらった、若々しく豪華な金の帯を巻かれました。素晴らしいコーディネイトだと思いました。あいにくの雨の当日、玄関のドアを開けられたのは、まだ未成年の学生さんのような清楚なお嬢様でした。ところが実は、りっぱなお仕事をされてるキャリアウーマン!、さらにびっくりしたのは、髪をアップにセットし、お着物をお召しになると、印象がガラリと変わり、美しく、楚々とした女性、しっとりとしたたたずまいの大人の女性に!!羨ましいです。

に投稿 コメントを残す

結婚式参列

お友達の御結婚式の参列で、振袖をお召しになりました。スッキリと晴れ渡った冬の日、清々しく澄んだ空気の中、真っ白な振袖をお召しになった、色白なお嬢様は、まるで日本版の白雪姫のようでした。

字柄の入った白地に豪華な花模様の振袖は、結婚式に華を添えると、さぞかし喜ばれたことでしょう。

 

 

に投稿 コメントを残す

結婚式参列

お友達の結婚式参列されるために訪問着をお召しになりました。お着物は、字模様の入った優しいグレーに、季節の花々を散りばめた、吉祥柄の瑞雲文様の友禅、帯は金のタタキに、金箔のヱ霞、松竹梅をはじめとする吉祥柄、季節の花々がほどこされたとても豪華な装いです。豪華ではありますが、決して派手ではないお着物を、とてもお若いのに、しっとりとお召しになられました。

に投稿 コメントを残す

結婚式参列

お友達の結婚式に参列されるために、お召しになった訪問着は、霞取りに金駒刺繍の、四季の花々や、おめでたい松竹梅をちりばめた、優しいサーモンピンクの京友禅に、暖色系の金箔、流水文様のしなやかな袋帯でした。華やかな結婚式にぴったりな装いだと思いました。